名古屋市高年大学 鯱城学園

沿革

昭和60年(1985年)
  • 4月

    名古屋市社会福祉協議会事務局に設立準備担当を置く。

  • 8月

    高年大学運営委員会設置

昭和61年(1986年)
  • 4月

    名古屋市高年大学鯱城学園開学
    名古屋市社会福祉協議会が名古屋市からの補助を受け設置運営
    学長 名古屋市長 西尾 武喜
    設置学科 生活学科・文化学科・園芸学科
    名古屋市教育館にて開講
    附属実習農園開設

  • 7月

    クラブ活動開始

  • 10月

    学生会会則施行・学生会発足

昭和62年(1987年)
  • 4月

    陶芸学科設置、4学科となる。
    陶芸実習場「楽陶館」開設

昭和63年(1988年)
  • 9月

    名古屋市生涯教育センター内に移転

平成元年(1989年)
  • 4月

    生活学科・文化学科各2クラスとなる。

平成3年(1991年)
  • 3月

    五周年記念誌発刊

平成7年(1995年)
  • 11月

    学園専用校舎(伏見ライフプラザ)竣工

平成8年(1996年)
  • 3月

    十周年記念誌発刊

  • 4月

    専用校舎設置にあたり、名古屋市設置による公の施設として位置づけられる。
    名古屋市鯱城学園条例施行
    名古屋市社会福祉協議会が管理運営を受託
    地域学科・健康学科・美術学科設置、7学科となる。

平成9年(1997年)
  • 4月

    名古屋市長 松原 武久 学長就任

平成10年(1998年)
  • 4月

    聴講生制度を新設

平成12年(2000年)
  • 4月

    陶芸学科、定員40名となる。

平成14年(2002年)
  • 4月

    環境学科、国際学科、福祉学科設置、10学科となる。

平成18年(2006年)
  • 3月

    二十周年記念式典を挙行。二十周年記念誌発刊

  • 4月

    指定管理者制度に移行。名古屋市社会福祉協議会が指定管理者となる。
    (平成18年度~21年度)

平成21年(2009年)
  • 4月

    名古屋市長 河村 たかし 学長就任

平成22年(2010年)
  • 4月

    名古屋市社会福祉協議会が指定管理者となる。(平成22年度~25年度)

  • 9月

    高年大学鯱城学園ボランティアセンター開設

平成26年(2014年)
  • 4月

    名古屋市社会福祉協議会が指定管理者となる。(平成26年度~平成29年度)
    「学科」を改め「専攻」とする。
    生活専攻、福祉専攻、国際専攻、文化専攻、地域専攻、
    健康専攻を2クラスとして、10専攻、16クラス 定員760名となる。

平成28年(2016年)
  • 3月

    三十周年記念式典を挙行。三十周年記念誌を発刊する。

平成29年(2017年)
  • 4月

    卒業生の再入学を条件付きで認める。

平成30年(2018年)
  • 4月

    名古屋市社会福祉協議会が指定管理者となる。(平成30年度~34年度)
    福祉専攻にアクティブ福祉クラスと音楽コミュニケーションクラスを設置する。

平成31年(2019年)
  • 4月

    福祉専攻のアクティブ福祉クラスと音楽コミュニケーションクラスを廃止し、福祉専攻(福祉)と福祉専攻(音楽)を設置する。
    また、出願状況から生活専攻・文化専攻を1クラス編成、福祉専攻(音楽)・美術専攻を2クラス編成とする。

令和2年(2020年)
  • 3月

    第33回卒業証書授与式は新型コロナウィルス感染拡大防止の為中止。

  • 4月

    出願状況から生活専攻・文化専攻を1クラス編成、福祉専攻(音楽)・美術専攻を2クラス編成とする。
    35期生の入学式は新型コロナウィルス感染拡大防止の為中止。

令和4年(2022年)
  • 5月

    新型コロナウィルス感染拡大防止のため、1年間休校
    令和2年度休校に伴い、36期生の定員に満たない専攻を学生募集し。35期生は36期生とした。
    入学者は582名