名古屋市高年大学 鯱城学園

Menu

プライバシーポリシー (個人情報保護に関する方針)

社会福祉法人名古屋市社会福祉協議会は、個人情報(特定個人情報を含む)の取扱いに関して、その保護に関する方針を以下のとおり定め、適切な取扱いに努めます。

  • 1

    本会は、個人の人格尊重の理念のもとに、個人情報の保護に関する法律、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律等、関係法令を遵守し、個人情報を慎重に取扱い、実施するあらゆる事務、事業において、より適正な執行に努めます。

  • 2

    本会は、個人情報を適法かつ適正な方法で取得します。

  • 3

    本会は、個人情報の利用目的をできる限り特定するとともに、その利用目的の範囲でのみ個人情報を利用します。

  • 4

    本会は、あらかじめ明示した範囲及び法令等の規定に基づく場合を除いて、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく外部に提供しません。なお、特定個人情報については本人の同意の有無に関わらず、関係法令に基づき許容される範囲を除き第三者に提供しません。また、必要に応じて本会業務の一部を委託する場合に、業務委託先に対し、個人情報の一部を提供する場合がありますが、この場合においても、本会として業務の委託先に対する適切な監督を行います。

  • 5

    本会は、保有する個人情報について、その利用目的の範囲内で、できる限り最新かつ正確な状態に保つとともに、漏えい、滅失、き損などがないよう十分に配慮し、安全に管理します。

  • 6

    本会は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・追加・削除・利用停止を求める権利を有していることを確認し、これらの申出があった場合には、所定の手続きに従い速やかに対応します。なお、特定個人情報については、利用目的を達成し、関係法令に定められた保存期間を経過した場合には、適切かつ速やかに削除又は廃棄します。

  • 7

    本会は、個人情報の取扱いに関する苦情が寄せられた場合には、適切かつ速やかに対応します。

  • 8

    本会は、個人情報を保護するために適切な管理体制を講じるとともに、役職員の個人情報保護に関する意識啓発に努めます。

  • 9

    本会は、この方針を実行するため、個人情報保護規程及び特定個人情報等取扱規程を定め、これを本会役職員に周知徹底し、確実に実施します。

令和3年4月1日
社会福祉法人名古屋市社会福祉協議会
会 長  河内 尚明

個人情報取扱業務概要説明書

社会福祉法人名古屋市社会福祉協議会個人情報保護規程第5条の規定に基づく、学園運営事業 (以下「本事業」という) にかかわる個人情報の種類等についての規定は、下記のとおりである。

事務所管部(高年大学鯱城学園)

個人情報の種類(本事業にかかわって取得・利用する個人情報) ・入学者が学生個票に記載する事項
・入学出願者が入学願書に記載した事項
(様式及び記載事項は別紙のとおりとする)
個人情報の利用目的 入学者から提出された学生個票をもとに学生の管理を適切に行い、事業を円滑に運営することを目的とする。また入学願書については出願者出願資格を有しているかどうかを把握するとともに出願者データ管理を行うことにより、事業を円滑に運営することを目的とする。
個人情報の
利用・提供方法
本事業担当者の管理のもとに保管し、上記利用目的に沿った利用を行う。
その他の情報 本事業担当者が上記情報の取得その他の機会において、本事業利用者から相談を受けた事項は、本人の同意のない限りは、本事業担当者以外には伝えてはならない。
個人情報保護担当者 事務長 樋口 敦
本事業における
苦情対応担当者
副学長 南谷 定昭
備 考 令和3年4月1日 一部変更

※個人情報の種類、利用目的、利用・提供方法等は、事業の状況に即して、具体的な名称を記載すること。