社会コース


環境専攻

目標

現代の環境問題の理解とそれに対応する実践から学び自ら関わることのできる社会活動や地域学動の在り方を考えます。

講座例

1年生
  • ・環境教育の取り組み
  • ・水辺環境に学ぶ
  • ・庄内川の歴史
  • ・流氷の伝言
  • ・東日本大震災が提起した問題
  • ・都会とスズメバチ
  • ・沙漠と水と生活
  • ・遺伝子組み換え作物の今
  • ・木づかいエコな生活
  • ・環境関連施設見学
  • ・ウミガメの命をつなぐ
2年生
  • ・微生物と地球温暖化
  • ・食品の安全と衛生
  • ・都市農業と環境
  • ・火山について考える
  • ・ヒトと昆虫
  • ・極圏が語る地球環境
  • ・熱帯林のはなし
  • ・加子母の森から
  • ・矢作川流域の森林植生
  • ・放射能の汚染と暮らし
  • ・環境関連施設見学
  • ・ホタルの伝言

国際専攻

目標

広く世界の出来事に関心を持ち、幅広い知識や教養を深め豊かな国際感覚を育み、異文化との共生に努めます。

講座例

1年生
  • ・諸外国の生活・文化・歴史
  • ・愛知の経済と世界とのつながり
  • ・スキゾな音楽 -日本文化政策を考える-
  • ・アラブの春
  • ・シニア海外ボランティア
  • ・中部国際空港セントレアの概要
  • ・わが国のODAとJICAの概要
  • ・税関見学
  • ・戦後日本の国際交流
  • ・バチカン近現代史
2年生
  • ・ルネサンス社会の変化と芸術について
  • ・北米のライフスタイルを知る
  • ・日米文化の特質
  • ・ヨーロッパの民族浄化
  • ・中国の高齢者の生活
  • ・一歩進んだ海外旅行の楽しみ方
  • ・ルーヴル美術館の魅力
  • ・アジアの民話
  • ・ラオスの現状とわが国の国際交流
  • ・フランス革命を考える

学生の声


tsuji190-200

第30期生 環境専攻 1年生 辻 隆司さん 64歳

「環境」という言葉以上に、幅広い学びがあります。

サラリーマン時代は地域社会との関わりが少なかったのですが、退職後は顔見知りも増え、貢献できることも増えてきたので、地域活動のあり方を学びたいと思い入学しました。

環境専攻と聞くと清掃などのボランティアばかりしているイメージがあるかもしれませんが、そんなことはなく、子どもに対する環境教育から遺伝子組み換え食物まで、とても幅広く学んで環境への理解を深めています。

そもそも鯱城学園には各専攻の専門講座のほかに全員が受講する共通講座がありますから、広範囲に渡って教養や知見が身につくところが良いですね。年齢も経歴もさまざまな方がおられますが、同じ学生として皆平等に楽しく学んでいます。

専門講座


10の専攻からお選びいただけます。

カリキュラム